ナンちゃんの新たな巣を計画した一番大きな理由は、体調をすぐに気づくことができなかったから。ほとんどイジメでしかなかったけど、日曜日、なんとかベッドの下から新たに購入したケージに入れることができた。

0212-3

3階建てのこの大きなケージ。ナンちゃんをいわば押し込んでから自ら2階までのぼるのに2時間かかった。さらに10時間後。

0212-2

3階には、これまで使っていたナンちゃん専用ヒーターを設置。やっと落ち着いたかな。朝から始めてこのときにはもう日が暮れていた。この日ナンちゃんは私にものすごく怒っていて(あたりまえだね)、私を見るとシャーが止まらなかった。ご飯も全く食べず。

1階部分がトイレと食事処になっているので、まずトイレをチェックしたところ、オシッコしてました!よかったー、とひとまず安心して、ナンちゃんを見るとシャーしない。指をだしたら、顔を近づけてきた。
これでまた一安心した。でもご飯は食べてない様子。ケージは開けっ放しにもできるのだけど、どうやらナンちゃんとしては、閉まっている方が安心らしいので、しばらくは様子を見ようと思う。

3階建てで省スペース!多頭飼い用3段ケージ ナチュラル(木製)3階建てで省スペース!多頭飼い用3段ケージ ナチュラル(木製)
価格:28,140円(税込、送料別)

今回購入したのがこれ。ちょっと値が張ったけど、大きめの方がいいかなと思って、1段が高いものを選んでみた。ヒトがよかれと思ってしたことが、いいとは限らないけど、私に思いつく精一杯のことがこれなのね。専用の部屋があればいいんだけど、ごめんね、ナンちゃん。

0212足下を近くで、しかも明るいところで見てみたら、これ。爪が巻いて肉球に食い込んでる状態。そんな予感がしてたのよ。一度爪がごっそり抜けてしまったのだと思う。しばらくはこのケージに慣れてもらわないと。もしかすると麻酔をしなくてはいけないかもしれない。

私がベッドに横になるとナンちゃんがよく見える。体を思いっきり丸めて伸びをして、ガリガリラウンジで爪研ぎして、スリスリしてた。これよ、これ。ベッドの下じゃぁ伸びることもできなかっただろうに。

ナンちゃんはもうすぐ8歳。これ以上高齢になると麻酔を伴う治療は大変だからここがギリギリなんじゃないかと思うのよ。ナンちゃんとしては迷惑だろうけど、ここでがんばってね。この爪を治そうね。私を許さなくてもいいよ。治った爪で思いっきり私を引っ掻いてもいいからね。