今更なのだけど、兄弟(大ちゃんとヒロくん)を迎えに行った日、そりゃー大変ことになってしまった・・・。

Day one - はじまりの日

私は勝手に到着ロビーの荷物を受け取るところに行けばいいんだな、ってトメやんのときと同じだと決めつけていたのだけど、前日に犬子さんから「ふたりが到着するのは、普通の到着ロビーではなくて、貨物ターミナル、というところだそうですよ。羽田なのでよくわからないのだけど・・」と電話をもらっていて、ググればいいや、と思っていた私は「わかりましたー。調べて行きます〜」なーんて、軽く思っていた。

で、「羽田」「貨物ターミナル」でググって最初に出てきた地図があったので、ホットして。

当日、犬子さんから「無事、ふたりが旅立ちました」メールをもらって、なんかキンチョーしちゃって、勢い余ってかなり早めに家を出て(初対面で遅刻はまずい、というサラリーマン体質が出ちゃったな)空港のターミナルに到着。時間があるので、ランチをしようかと思ったのだけど、緊張しすぎてお腹が空いていない! で、コーヒーだけ飲んで、ゴー!

で、貨物ターミナルの門のところで本人確認があることは知っていたので、保険証を用意して「すみません。ANAの便で届くネコを迎えにきました」と話して「じゃぁ、ここに記入してください」と入館証みたいなものを準備しつつ「どこからの便ですか?」と聞かれて「はい、大分からの便です」と話すと。。。。「あのー、ここ国際便なので、国内便ですと(こーして、あーして)。。。。歩いてきたんですか?」

なんですってぇーーーーーーーー!

確かに降りた駅は「国際線ターミナル駅」。コーヒー飲んだのも国際線到着ロビー。当然ですよ、そうですよ、国際線って、書いてあるじゃん!

マズい。これじゃぁ、遅刻だ。走れー(といってもターミナルから歩いて10分くらい)!国内線への循環バスの運転手に「待ってー!」と手を振って滑り込んだ。寒い日だったのにいろんな汗が出てた。

あー、どうしよう。これじゃぁ、遅刻だ、と心で繰り返し、国内線ターミナルに到着しドアが開くや否や走る。

今考えてみれば、旅立つ恋人に一目会おうと急ぐ彼女、って感じだったかな。。。フフ

インフォメーションの方に貨物ターミナルの場所を聞くと、さらにそこからバスに乗ることになるとのこと。またバス乗り場に急ぐ。が、バスが来ない・・・(たぶん数分で来たとは思うけど、ものすごーく長く感じた)。

バスに乗って目的地で降りて、門で手続きをして目的のカウンターへ。そして、訪ねると「この便ですと、間もなく到着です。到着すると電話することになってるのですが・・・」、え! そうだったの? 「今、確認してきますね」と優しく言われて、すぐに赤いキャリーをかかえてその方が戻ってきた。

「ただいま到着しました。お荷物にお間違いないでしょうか?」のぞいたところ、そこに兄弟が!!

正直に言います。その瞬間泣きました。ホッとして、脱力。そして我に返り、あー、写真撮らなくちゃ。二度と来ないこの初対面の瞬間を!なんて、ドラマチックになった。

大ちゃんの下に隠れるようにヒロくんが。その後家に着くまでふたりは一言も発せず。

初日は実はそんな感じで始まったのです。

↓ おまけ スガ シカオ(SUGA SHIKAO) / はじまりの日 feat.Mummy-D